×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

    た  あ  り  け  も  た     急  計  た     う  情  に  義  て     腫  日     き  し  う  と  っ     で  は           
 私  も  っ  私  つ  う   ゜ 私  遽  れ  ら  看   ゜ が  く  足  息  安  ん  前  六  た  て  ど  か  た  妻  あ  共  妻        
 は  の  た  は  け  す  そ  の  病  な  連  病     あ  つ  の  を  ら  で  か  月  い  い  う  が   ゜ に  っ  に  の        
 こ  に   ゜ 妻  る  ぐ  れ  会  院  い  絡  に     る  が  私  落  か  き  ら  二  と  く  し  ま  伴  先  た  生  口     一  
 ん  な  こ  の  ま  先  で  社  へ   ` す  疲     だ  え  を  と  な  た  腹  十  思  の  よ  ん  侶  立   ゜ き  癖     雫  
 な  っ  の  名  で  生  彼  は  引  ご  る  れ     ろ  さ  残  す  死   ゜ 水  二  っ  で  う  出  を  た     て  は     の  
 切  た  一  を  何  来  女  タ  き  主  よ  て     う  れ  し  の  と     が  日  た  あ  も  来  喪  れ     来   `    涙  
 な  ろ  雫  呼  と  ま  ら  ウ  返  人  う  い     か  よ  て  が  い     た  午   ゜ っ  な  る  う  た     た  生        
 い  う  の  び  し  す  は  ン  し  を  に  た      ゜ う  死  人  う     ま  後  こ  た  い   ゜ と  今     の  ま        
 思  と  涙   ` て  よ  私  誌  た  呼  た  私     遂  と  ね  間  も     り  十  れ   ゜  ゜ し   `  `    だ  れ        
 い  い  は  手  も  と  の  を   ゜ ん  の  は     に  し  な  の  の      ` 時  は  妻  溢  か  怺  私     か  た        
 で  う   ` を  妻  言  こ  出     で  み  妻     夫  て  い  死  は     肺  二  後  が  れ  し  え  は     ら  と        
 妻  悔  日  握  は  う  と  し     下  家  を     よ  い  と  で  ど     ま  十  追  今  出   ` き   `     ` き        
 の  し  頃  っ  生  と  を  て     さ  に  見     り  た  よ  あ  う     で  二  い  ど  る  空  れ  俄     せ  は        
 涙  さ  自  た  き  妻  と  い     い  も  守     先   ゜ く  っ  し     冒  分  心  こ  と  白  な  に     め  致        
 を  が  分   ゜ て  は  き  る     と  ど  っ     立  ど  い  た  て     さ   ` 中  に  す  に  い  そ     て  し        
 見  こ  の  そ  い  涙  に  の     看  っ  て     つ  こ  っ   ゜ な     れ  妻  に  い  べ  滲  淋  の     死  方        
 る  め  願  の  よ  を  は  で     護  た  い     自  で  て  妻  い      ` は  近  る  て  み  し  妻     ぬ  な        
 と  ら  っ  と  う  に  先  彼     婦   ゜ た     分  願  い  は  の     呼  七  い  か  の  る  さ  の     と  い        
 は  れ  て  き  と  じ  生  女     に  そ  会     を  い  た  目  だ     吸  十  も  判  感  水  に  言     き  に        
 思  て  い  目  頑  ま  と  ら     言  の  社     感  が  が  尻  ろ     が  七  の  っ  情  の  襲  葉     は  し        
 わ  い  た  尻  張  せ  も  に     わ  直  の     じ  狂   ` か  う     苦  年  か  て  が  よ  わ  の     一  て        
 な  た  人  か  っ  頷  呼  文     れ  後  女     て  っ  そ  ら   ゜    し  の  も  い  渦  う  れ  信     緒  も        
 か  の  生  ら  て  い  ん  学     た   ` 性     妻  た  う  一  さ     そ  生  し  る  に  に  る  憑     に   `       
 っ  だ  と  涙  い  た  で  や     と  そ  の     は  の  し  滴  ん     う  涯  れ  な  な   `  ゜ 性     死  縁        
 た  っ   ` が  た  と  い  文     連  の  一     涙  か  た  涙  ざ     で  を  な  ら  っ  淋  悲  が     に  あ        
  ゜ た  何  一   ゜ い  た  章     絡  女  人     を   ` 妻  を  ん     あ  終  い   ` て  し  し  理     た  っ        
 妻   ゜ と  滴  病  っ  が  指     が  性  に     見  こ  の  流  痛     っ  え   ゜ 私  全  さ  み  解     い  て        
 の     か  流  室  た   ` 導     入  か   `    せ  れ  思  し  め     た  た     は  身  と  な  で     と  人        
 涙     け  れ  に   ゜ 耳  も     り  ら  何     た  以  い  た  つ      ゜  ゜    そ  か  な  ら  き     い  生        
 を     は  た  入  私  許  し      ` 血  か     の  上  は   ゜ け     顔  死     こ  ら  る  ま  た     う  の        
 私     な  の  る  が  で  て     私  圧  あ     だ  の  ま  片  ら     も  ぬ     へ  脱  と  だ  と     こ  後        
 は     れ  で  な  駆   ` 来     は  が  っ     ろ  無  さ  足  れ     浮  数     行  落  も  何  思     と  半        
                                                                                                 
[トップページ] <次のページへ>