×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コラムあれこれ

トップページ

名前って何

 これは娘から聴いた話だが、ある日、孫の康介が幼稚園から帰ってくると、突然、お母さん、ボク名前変えたいけど、だめなの、といったという。
「名前って…康介って名前のこと」
 すると孫は頷(うなづ)いて、
「変えることできる」
 と念をおした。
 てっきりこれは幼稚園で何かあったと思った娘は、
「康介って名前、いやなの? これはお父さんとお母さんと考えて付けた名前なのよ」
「いやじゃない」
「じゃ、どうして名前変えたいの」
「じぶんで、じぶんに名前つけたらだめなの」
「何て名前つけたの?」
「しんご……」
「しんご君のお母さん誰なの」
「お母さんじゃだめ」
「お母さんは、康介のお母さんだもの」
「そうか、じゃ、しんごのお母さん探すさ」
 そういって孫は勉強道具を片付けに兄と一緒の部屋へいった。その後姿を見て、不安になった娘は私のところへ電話をよこし、
「こういうとき、どうしたらいいんだろう」
 といった。
 娘が不安になったのは、孫の、自分で自分につけた名前、しんごの母を探すといったことらしい。
 放っておいたほうがいい、といった後で、そういえば自分も幼い頃、親の付けた名前の他に、自分にいろんな名前をつけてみた。それは自分のなかの可能性を探すことだったような気がする。
 孫も五歳になったので、自分のなかで活躍したがっている能力に気づき、それを発揮するために、自ら「しんご」と命名してみたのだろう。
 そしたら母親から、「しんご」のお母さんは―と水を差されて戸惑ったようだった。
       (立待岬・北海道新聞道南版/平成九年)

<次のコラム> <前のコラム> [閉じる]