×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

朝の食卓

トップページ

◆「天使の微笑み」

◆「四千字の世界」

◆「三島由紀夫」

◆「トーク・トーク」

◆「犬が欲しい」

◆随筆あれこれ

◆コラムあれこれ

◆木下順一 年譜

◆木下順一の本

◆パステル画

◆思い出のアルバム

◇北海道新聞
朝刊コラム
「朝の食卓」


◇娘のつぶやき


父との写真

昭和59年5月
父と鎌倉にて


ホットケーキ


 無性に食べたくなってホットケーキを作り、ひとりで食べた。子どものころ、祖母がホットケーキを焼いてくれた。「今日は特別だよ」と言って、祖母はトラピストバターの青い缶からバターを切り分けて、きつね色のホットケーキの上にのせた。寒い台所の戸棚に大切にしまってある、白く固まったハチミツを石炭ストーブの側で溶かしてかけてくれた。生地のなかにバターとハチミツが吸い込まれていき、何とも言えぬしあわせな気持ちになった。
 結婚して子どもができてからは、市販のホットケーキミックスのお世話になった。
 苦い思い出もある。息子がまだ2、3歳のころ、私は子育てに疲れていたのか、何か嫌なことがあったのか、イライラしていた。その理由は覚えていない。突然、私は粉を混ぜていた泡立て器をボウルに叩きつけた。卵と牛乳の入ったホットケーキのゆるい種がテーブルの周りだけでなく、天井にも飛んでしまったのだ。慌てて雑巾で拭き、天井もこすったがシミは消えなかった。奥の部屋で遊んでいた息子は、私の行動を見ていたかもしれない。急に心が重くなった。引っ越しをするとき、真っ白な天井にうっすらと黄色いシミが残っていた。管理人さんの点検のとき、私はドキドキしながら天井を見つめていた。夫は気づかなかった。
 ひとりで食べたホットケーキは、しあわせな気持ちと過ぎた日の苦い思い出がミックスしていた。
(2015年10月24日 北海道新聞全道版)


<次のコラム>