×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

木下順一の本



 
トップページ

◆「天使の微笑み」

◆「四千字の世界」

◆「三島由紀夫」

◆「トーク・トーク」

◆短篇・創作

◆随筆あれこれ

◆コラムあれこれ

◆木下順一 年譜

◆木下順一の本

◆パステル画

◆ア・ラ・カルト

◆思い出のアルバム

◇娘のつぶやき


木下順一の写真

 
天使の微笑み

天使の微笑み

永いこと一心同体で暮
らして来た夫婦は複合
体のひとりである。ど
ちらかが死ぬとそのひ
とりが「一人」になる。
この括弧つきの「一人」
は絶えず喪った「一人」
を探している「一人」
なのである。死んだこ
とが判っていても死が
納得できないとはそう
いうことで、今も私は
幼児が母を探すように
妻を探している。
(「死者の発見」より)

河出書房新社
1,575円(税込)
 
湯灌師

湯灌師

●第三十二回
 北海道新聞文学賞
 受賞作品


死者の顔に化粧をほど
こし、唇に紅をさす。
すると、顔は生きかえ
ったようになり、いま
にも目をあけて起きあ
がってくるようだ。
死体とは生の終りでは
なく、死後の世界の始
まりだ。死体を清め、
粧うことをなりわいと
して生きてきた男の物
語。

河出書房新社
1,575円(税込)

北海道新聞文学賞しおり
受賞式典しおり
(PDF/1MB)

 
少年の日に

少年の日に

不治の病である結核菌
に冒された私の右膝。
どんどん進行し、内臓
も冒しかねない病魔を
食い止めるには、右足
切断しかなかった…。
差別する昭和と戦った
片足の少年の物語。

河出書房新社
1,575円(税込)









木下順一の本
1. 2. 3. 4. 

本のご注文はこちら
発送とお支払いについて