×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天使の微笑みタイトル
 
◆“天使の微笑み”

◆“四千字の世界”

◆“三島由紀夫”

◆“トーク・トーク”

◆短篇・創作

◆随筆あれこれ

◆コラムあれこれ

◆木下順一 年譜

◆木下順一の本

◆パステル画

◆ア・ラ・カルト

◆思い出のアルバム

◇娘のつぶやき

17.3.5/New!
◇北海道新聞
朝刊コラム
「朝の食卓」

◇いさり火文学賞
受賞作 “父”



木下順一の写真

■リンク
イタリア在住・石井高さんのヴァイオリンについての興味深いホームページ。読みごたえのある楽しい内容です。
バナ

インターネットの古本屋「真駒内石山堂」。
バナ

リンクはフリーです。
下記のバナーをコピーしてご利用ください。
バナー



〈お知らせ〉

「わが街 はこだてタウン誌50年」

発売中!

記念誌の写真


1962年(昭和37年)に創刊した函館のタウン誌が平成24年に50年を迎え終刊しました。この集大成としてタウン誌「街」編集室では、「わが街 はこだてタウン誌50年」を発行しました。「函館百点」「月刊はこだて」「タウン誌 街」と誌名が変わりながらも、名物編集長・木下順一の愛した函館にかかわる人々の声や思いが溢れんばかりに詰まった一冊です。536号にものぼる本誌からの厳選した内容を編集しています。ぜひ手にとってご覧ください。

・ 第一章 まちのにぎわい/第二章 道南の歴史を散歩する/第三章 表紙絵と函館の画家たち/第四章 函館の文芸・文学/第五章 「街」という名のタウン誌/第六章 木下順一のこと/総目録

・ A4判変形サイズ 288ページ(カラー32ページ)
・本体価格2,300円(税別)

◎ 購入をご希望の方は、下記メールアドレスに(1)お名前(2)ご住所(3)電話番号(4)册数 をご記入の上ご送信ください。折返し、代金の振込口座をお知らせします。
◎ 送料は当方負担にてメール便でお送りします。
メールアドレスは→  こちら
eriko330406@yahoo.co.jp




はじめに

 木下順一は、函館在住の作家として、『第32回・北海道新聞文学賞』や『第48回・函館市文化賞』の受賞をはじめ数々の小説、評論、エッセイを発表しました。また、タウン誌『街』を2005(平成17)年2月に休刊するまで、43年間にわたり刊行を続け、さらに函館文学学校や文章教室の講師などを長年つとめ、函館の文化の育成にも貢献しました。

 木下は結核性関節炎のため7歳で片足を失い、障害者として差別を強いられながら育ちました。そして自らの未来に絶望していた臨時教員の頃、音楽教員の富美子に出会い、1954(昭和29)年に結婚します。富美子はおもに教職で家計を支えながら、木下の才能を信じ続けましたが、『片足のあなたを置いて逝けない』が口癖だったその願いは叶わず、2003(平成15)年膀胱ガンで死去します。

 しかし木下自らも前立腺ガンを数年間に亘り患っていました。2年後の2005年、妻への哀惜に満ちた鎮魂歌、『天使の微笑み』(河出書房新社)を上梓すると、先に旅立った富美子を追うように晩秋の10月、この世を去りました。

・・・

このホームページは、木下順一が残した足跡を少しでも多くの方に知っていただきたく開設しました。評論やエッセイ、思い出の写真などを紹介しています。内容については少しずつ充実させていく予定です。また、最後の著作『天使の微笑み』をはじめ、一部在庫のあるものをお買い求めいただくこともできますので、ご希望の方はご利用ください。
 (2007年10月)  

 
天使の微笑み
(河出書房新社)
1,575円(税込)
天使の微笑み
お買求めをご希望の方は下のボタンをクリックしてください。送料無料で送らせていただきます。
本のご注文はこちら
発送とお支払いについて


■トピックス

17.3.5/New!
“朝の食卓”2本を
アップしました


お知らせ
Wikipediaに
木下順一
が掲載されました。

◎季刊誌「カイ」のスタッフブログで同人誌「文邪」第10号が紹介されました。


管理人プロフィール
※このウェブサイトの内容、構成、デザイン、画像等の著作物の全部または一部を権利者の許可なく複製、転用等の二次利用を行なうことを禁止します。
Copyright(c)2007,Tenshi no hohoemi,All rights reserved.